山口壮大のwiki風プロフィール!韓国ハーフはデマ?オリンピックデザインがダサい!

トレンド
この記事は約7分で読めます。

東京オリンピックの表彰式の衣装が公開され、オリンピック衣装のデザイナーである山口壮大さんが話題になっています!

 

オリンピックの表彰式の衣装のデザインがダサい!などと話題になっていてさらに衣装が韓国の民族衣装に似ていることから山口壮大さんは韓国ハーフなのでは?という情報のあったりします。

 

オリンピックデザイナーの山口壮大さんは本当に韓国人なのか一体どんな人なのか気になるのでことで…今回は!

 

  • 山口壮大のwiki風プロフィールをチェック!
  • 山口壮大が韓国ハーフというのはデマ?理由をチェック!
  • 山口壮大のオリンピックデザインがダサい?理由をチェック!

など山口壮大さんのプロフィールやオリンピックデザインについて詳しくまとめていきたいと思います!

 

スポンサードリンク



山口壮大のwiki風プロフィールをチェック!

 

山口壮大さんは東京オリンピックのデザイナーしても話題になっていますよね!

 

今回、山口壮太さんが話題になったのは東京オリンピック表彰式の衣装が公開されたことで話題になっていました。

 

青を基調とした衣装で日本で青といえばやはりサッカーのユニフォームのイメージが強いのですがスポーツということを意識して青にしたのかもしれませんね!

 

ですがオリンピック表彰式の衣装は韓国の民族衣装のようで、日本らしくないダサい!とも言われていました。

 

そんな何かと話題の山口壮大さんですがデザイナーとして一体どんな人なのかプロフィールをチェックしていきたいと思います!

  • 名前:山口壮大(やまぐちそうた)
  • 生年月日:1982年(現在39歳)
  • 出身地:愛知県

 

山口壮太さんは今年で39歳ということですが、この歳でオリンピックの表彰式オリンピックの衣装のデザインになるのはかなりすごいことだと思います!

 

山口壮太さんはデザイナーということもあり、やはり服飾系の学校出身のようですね。文化服装学院卒業しているようです。

 

在学中にも第22期学院長賞を受賞しているぐらいの優秀な学生さんだったようですね。その時に作ったデザインしたのは和風と洋風を組み合わせた独特のデザインが評価されようです。

 

山口壮大さんはオリンピックの衣装のデザイナーに選ばれるというだけあり、やはり学生の頃から他の生徒とは違った人だったようですね!

 

大学卒業後はメンズ中心のヴィンテージのお店のスタッフとして働いています。

 

2006年よりスタイリストとして「ミキリハッシン」のディレクターとして活動開始しました。

 

このミキリハッシンという店舗は4畳程度のボロボロの建物で洋服も10着程度しかなかったぐらいの小さなお店だったようです。

 

さらに2012年には渋谷パルコにて大学生物ショップ「ぴゃるこ」オープンするなど自身の店舗も広げているようですね!

 

さらに2015年には「ジャップ」というブランドを立ち上げ、日本国内のものづくりメーカーと組んだファッションアイテムなどを取り扱っていたようですが、現在は公式サイトにアクセスできないため廃業した可能性もあります。

 

自分の店舗などを持ちながらオリンピックのデザイナーとしても活躍するのは素晴らしいことですよね。

 

オリンピックなどの大きな舞台でのデザインをしたことで今後はハイブランドなどとコラボもあるかもしれないので今後も山口壮大さんの活躍に注目していきたいですね!

 

スポンサードリンク



山口壮大の韓国ハーフはデマ?理由をチェック!

山口壮大さんはオリンピックのデザイナーとして今後も活躍が期待されますね〜!

 

山口壮大さんは2021年現在で39歳ということですが、見た目より若い!というイメージがありますよね。

 

顔画像から見ると…金髪だったりするので日本人に見えないと言われているようです。

さらにオリンピックの表彰式の衣装は韓国の民族衣装に似ていることから韓国人とのハーフ?とも言われていますね。

 

実際のところ山口壮太さんは韓国人とのハーフなのかチェックしてみました!

 

山口壮大さんは韓国人のハーフと言われていますが実際は日本人のようですね。

 

というのも山口さんがインタビューされた際に愛知県で生まれ、ごく普通の家庭で育った話しています。両親ともに公務員だったようですね。

 

山口壮大さんが韓国人と勘違いされる理由としては…山口壮大と検索すると関連記事がたくさん出てきて、それが韓国系のニュースが多いということ原因があるようです。

ということで山口壮大さんが韓国人ハーフいうのは完璧なデマのようですね。

 

確かに東京オリンピックデザイナーをする人は、国籍は日本だと思います。韓国人だったとしても日本に住んでいることは間違いないと思うのでデマなのは確定だなと思います。

 

さすがに東京オリンピックは衣装など注目されているということもあり、すぐにこのようなデマも広がってしまうんですね。

 

山内壮大さんはかなり優秀な方なので、周りの声は気にせず頑張って欲しいですね。

 

 

スポンサードリンク



山口壮大のオリンピック表彰式の衣装がダサい?理由をチェック!

山口壮大さんは服飾大学で賞がもらえるほど優秀な成績の経歴を持つ方なのですが、今回の東京オリンピック表彰式の衣装はダサい?ということで話題になっていたりしますね。

 

というのも上記で言っている通りやはり韓国の民族衣装に似ているからなんです。もうちょっと日本を感じる和装のようなデザインにはならなかったのかなぁという声もあります。

 

そんなオリンピック表彰式の衣装がダサいと言われている理由をチェックしていきたいと思います!

 

ツイッターなどのコメントにもあるようにダサいという意見が多い気がしますね。

やはり前回の東京オリンピックの衣装とはかなり違ったイメージがあるのではないでしょうか。

 

ちなみに前回の東京オリンピックでは表彰式の衣装はほとんど着物のようだったようで、やはり日本のイメージがありますよね。

 

ですが時代も変わってきていますし、日本=着物ということはなくなってきているのではないでしょうか。

 

確かにオリンピック表彰式の衣装は韓国の民族衣装に似ていますが、青基調とした爽やかな衣装だと思います。

 

最近は日本でも韓国のアイドルブームなど、テレビでも韓国アイドルが出演していることが多いですし、韓国の文化が強かったりするので、そういう風に見えてもしょうがないかもしれませんね。

 

東京オリンピック表彰式の衣装がダサいというだけでなく良いという意見ももちろんあります。

衣装が爽やかでいいなどモダンなイメージがあるので、今の日本に向いている衣装かもしれないですよね。

 

オリンピック衣装のデザインは何回もできるものではないですし、デザインするだけでもかなり名誉のあることだと思います!

 

山口壮大さんのデザインした衣装はダサいとは言われていますが…実際に見てみるとイメージが変わるかもしれません!注目して見ていきたいですね!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました