台風2号(2021年スリゲ)沖縄の被害状況は?進路予想図もチェック!

トレンド
この記事は約2分で読めます。

2021年4月14日に台風2号スリゲが発生しましたね。

 

4月18日現在では中心の気圧が895hPaとなっていて、5年ぶりの900 hPa以下という数字でかなり大きなニュースになっていますね。

 

まだ春なのに台風の勢力が強いので大きな被害が出ないか心配ですよね。

 

そんな!台風2号は4月23日(金)に沖縄の南に上陸するということで沖縄に被害が出ないか心配ですよね。台風2号が沖縄に被害があるのか気になったので調査してみました。

 

台風2号(2021年スリゲ)沖縄の被害状況をチェック!

台風2号(2021年スリゲ)の進路予想図を調査!

 

などなど、台風2号(2021年スリゲ)について詳しく調査していきたいと思います!

 

台風2号(2021年スリゲ)沖縄の被害状況をチェック!

台風2号が4月14日からが発生して大きなの勢力として報道されていますね。発達速度がはやいのも警戒するポイントですよね。

 

4月23日頃には沖縄の南に上陸するということで、沖縄本島にも少なからず影響があると言われているので気になりますね。

 

現在、沖縄に台風2号の被害があるのかチェックしていきたいと思います。

 

4月20日の段階では沖縄に大きな影響はないようですが少し波が高くなってきたという情報がありました。

 

石垣島や沖縄本島にも直撃はなさそうですが風によって波はかなり高くなる可能性がありそうですね。

 

週末は大雨や強風、高波などの危険があるのでしっかり準備しておいた方がいいでしょう!またはもしもの時のために停電なども備えておいた方がいいかもしれません!

 

台風2号(2021年スリゲ)の進路予想図を調査!

台風2号はもともと気圧が低く危険台風と言われていたのですが、「猛烈な勢力」から「非常に強い勢力」となっていますね。

 

現在はフィリピンの東にあり、北に向かってゆっくり進んでいるようです。このままだと大きな週末には沖縄の南に上陸するの間違いなさそうですね。

 

台風2号の発達のピークは超えているですがまだまだ危険な台風と言われているので油断はできません。

 

台風2号は沖縄本島や本州にも直撃はなさそうですが強風などの影響が出そうですね。

 

このまま東へ進んで消滅してくれればいいのですが…台風は油断していると痛い目を見る自然災害なので、しっかりと防災準備をしておきましょう!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました