【竜とそばかすの姫】タイトルに「の」がつく理由は?ジブリの影響やパクリ疑惑が強すぎ!

トレンド
この記事は約5分で読めます。

スポンサードリンク



細田守監督の最新作である「竜とそばかすの姫」が7月16日に公開されますね!「未来のミライ」以来3年ぶりの最新作ということで期待が高まりますよね〜!

 

そんな「竜とそばかすの姫」ですが、細田守監督の作品は「おおかみこどもの雨と雪」以来、「バケモノの子」「未来のミライ」とタイトルに「の」がついているんですよね~

 

タイトルに「の」が入るというと・・やはりジブリを連想してしまうんですよね~!かなり影響は強いのかなと!

 

そんな「竜とそばかすの姫」のあらすじはどんなものでタイトルに「の」がつく理由はジブリの影響が強すぎるのか気になるということで・・・。

 

  • 【竜とそばかすの姫】あらすじを簡単にチェック!
  • 【竜とそばかすの姫】タイトルに「の」がつく理由は?ジブリの影響が強すぎてヤバい!

 

などなど「竜とそばかすの姫」のあらすじやタイトルに「の」がつく理由について詳しくチェックしていたいと思います!

 

スポンサードリンク



【竜とそばかすの姫】あらすじを簡単にチェック!

「竜とそばかすの姫」の舞台となるのは完全仮想世界の「U(ユー)」です。

 

全世界でアカウント数50億を超える史上最大のネットワーク空間で、自身の分身であるアバター「As(アズ)」を通じて誰もがUを楽しむことが出来ます。

 

Uはもう一つの現実であり、現実はやり直せないけれどUならやり直せる。そんな甘い謳い文句が人々の心をくすぐり、Uは今日も拡大を続けているというあらすじですね。

ここまで聞くと「サマーウォーズ」に似ている気もしますけど…「サマーウォーズ」はアバターで戦ったり遊んだりということがメインだったので少し意味は違ってくるのかもしれませんね!

 

確かに「サマーウォーズ」はもう10年以上前の映画ではありますし、まだスマホもない時代ではあったので今とはインターネットの使い方が違うのかもしれませんね!

 

「U」は現実世界だとSNSに分類されるような、誰でも気軽に始められるツールなんですね。リアルとネットの違いについて考えてさせられる作品になりそうですね。

 

スポンサードリンク



【竜とそばかすの姫】タイトルに「の」がつく理由は?ジブリの影響が強すぎてヤバい!

「竜とそばかすの姫」の公開が近づいてきて、期待の声が高まっていますがタイトルをよく見てみると…「の」がついていますよね。

 

映画のタイトルに「の」がつくことで有名なものといえば…ジブリ作品ですが、タイトルに「の」をつけると売れる!というようなジンクスがあると言われていますよね。

細田守監督の作品も「おおかみこどもの雨と雪」から「竜とそばかすの姫」までのタイトルに「の」がついています。

 

やはりヒットを狙ってあえてタイトルにつけているのか?ジブリの影響やパクリなのか気になるので調査してみました!

 

細田守監督の作品といえば長期映画で有名なものは

  • 「時をかける少女」
  • 「サマーウォーズ」
  • 「おおかみこどもの雨と雪」
  • 「バケモノの子」
  • 「未来のミライ」

となっていますよね。

 

この5作品の興行収入をチェックしてみたところ…

 

  • 「時をかける少女」2.6億
  • 「サマーウォーズ」16.5億
  • 「おおかみこどもの雨と雪」 42.2億
  • 「バケモノの子」 58.5億
  • 「未来のミライ」28.8億

 

となっています。

確かにタイトルに「の」をつけた「おおかみこどもの雨と雪」から興行収入が上がっていますね。「未来のミライ」は人気がなかったのでしょうか。それでも「サマーウォーズ」よりは上ですよね。

 

このことから「おおかみこどもの雨と雪」からタイトルに「の」をつけてみたところ売れた!というイメージがついたんでしょうね!

 

なので今後も細田守監督の作品は「の」がつくのではないかなと思います!

 

ちなみに細田守監督はスタジオジブリの研修生採用試験を受けて、最終選考に残るも不採用となっています。

 

これは定かではありませんが、細田守監督が不採用になった理由は「ジブリにきてしまうとジブリ作品しか作れなくなってしまうから、自分で監督をしたほうがいい」と宮崎駿さんから手紙をもらったようです。

 

細田守監督は独特の世界観を作り上げている作品が多いですが、ジブリに憧れているというのは間違いないので…タイトルがジブリに影響されるのは仕方のないことなのかなと。

 

細田守監督はジブリのパクリをしているつもりはないと思うので、「竜とそばかすの姫」もヒットするように頑張ってほしいですね!

細田守監督の全作品を見る方法はある?U-NEXTなら無料でヤバい!

細田守監督の作品は「金曜ロードショー」をメインにテレビ放送で見ることはできるのですが…今すぐノーカットで見たい!と思う方も多いハズ!

 

ということで細田守監督の前作品を見ることができるのがU-NEXTです!U-NEXT以外は全作品は見れないんですよね〜

 

初回31日間無料トライアルがあり、手続きも解約も簡単です。

 

「竜とそばかすの姫」を見る前に他の作品をチェックしても面白いと思いますし、細田守監督の世界観が分かると思います!



スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました