レコード大賞(レコ大)2020予想!受賞者は誰?審査基準も調査!

トレンド
この記事は約6分で読めます。

 

年末のテレビ番組といえば紅白歌合戦などを思い浮かべますが…レコード大賞も同じくらい盛り上がりますよね。

 

毎年、話題になったアーティストが生放送で歌い、レコード大賞に選ばれると話題になるので、どのアーティストも力を入れてきますよね。

 

レコード大賞は最後の最後まで結果が分からないので、誰が大賞を取るのか予想で盛り上がりますよね!

 

今回は!

 

  • レコード大賞って何?
  • レコード大賞2020の優秀作品賞の曲は?
  • レコード大賞2020で大賞を取るのは誰か徹底予想!

 

などなど、レコード大賞は誰が受賞するのかについてまとめていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

レコード大賞って何?簡単にチェック!

 

レコード大賞といえば…毎年12月30日にTBSで放送していますよね。オーケストラで生演奏だったりといつもの音楽番組とは違う雰囲気も人気です。

 

初回は1959年で、2020年で62回目になる歴史ある番組なんですよね。

 

レコード大賞はその年に発売された曲を対象に優れた作品が受賞されます。レコード大賞を受賞するのは1組のみで、アーティストだけでなく、「作詞、作曲、編曲、所属プロダクション、所属レコード会社」も対象になります。レコード大賞に選ばれることで宣伝にもなるんですね。

 

もちろんアーティストもレコード大賞を取ることでテレビで紹介されることも多くなるので、お得なことが多いですよね。

 

ですが、レコード大賞はレコード会社や事務所の力関係により受賞者が決まっているとの噂もあるんですよね。

 

その結果、受賞そのものを辞退するアーティストも増えてきています。

 

  • 福山雅治
  • B’z
  • Mr.Children
  • ジャニーズ事務所

 

などは出演していませんね。

 

その他にも韓国アーティストやカバー曲は受賞できなかったりとの噂もありますよね。確かに最初から結果が決まっている番組には出演したくないのかもしれませんね。

 

ですがTBSとしては1年に1回の音楽祭のようなものなので華やかに力を入れていることは確かですよね。司会者の方も衣装に気合いが入っていますし、楽しみな部分もたくさんあります!

 

 

 

スポンサードリンク

 

レコード大賞2020の優秀作品賞の曲をチェック!

 

レコード大賞は受賞することで作詞作曲の人も受賞されるということなので、アーティストの方も毎年、気合いが入っていますよね!

 

生放送ということで迫力もありますし、視聴者もドキドキするのではないかなと!

 

そんな!レコード大賞は毎年、優秀作品賞が変わってくるのですが、2020年の優秀作品賞をチェックしていきましょう!

 

レコード大賞2020に選ばれた曲は

 

  • 三浦大知「I’m Here」
  • 純烈 「愛をください〜Don‘t you cry〜」
  • Little Glee Monster 「足跡」
  • 瑛人 「香水」
  • 乃木坂46 「世界中の隣人よ」
  • DISH// 「猫〜THE FIRST TAKE ver〜」
  • AKB48 「離れていても」
  • 氷川きよし 「母」
  • DA PUMP 「Fantasista〜ファンタジスタ〜」
  • LiSA 「炎」

 

となっています。瑛人さん、DISHさん、LiSAさんが初出演でノミネートとなっていますね。2020年といえば…

 

  • Official髭男dism
  • あいみょん
  • King Gnu

など活躍しているアーティストは多かったんですけどノミネートされていないんですね。

 

レコード大賞は最近ではあまり権威がないとされているので、選ばれていたのかもしれませんが、受賞は断ったのかもしれませんね。若手のアーティストが出演しないのは少し残念な気持ちもありますが、10組の歌唱が楽しみですね!

 

 

スポンサードリンク

レコード大賞2020で大賞を取るのは誰か徹底予想!

 

レコード大賞といえば誰が大賞を取るのか予想でも盛り上がりますけど、その年に話題になった曲が選ばれる可能性が高いんですよね。

 

ノミネートされている曲の中で話題になった曲といえば…

 

  • 瑛人 「香水」
  • DISH 「猫」
  • LiSA 「炎」

の3つが特にそうなのかなと。

 

瑛人さんの「香水」はYouTubeで再生回数が1億回を突破していますし、各音楽番組でも披露する回数が多かったですよね。さらにYouTubeで「歌ってみた」動画の数も多く、誰でも口ずさめるような歌なので話題性はあるのかなと。

 

DISHさんの「猫」もカラオケのランキングに入っていたり、こちらもYouTubeで「歌ってみた」動画を配信している人が多いですよね。「香水」までとは行かないと思いますが話題性はありますよね。

 

LiSAさんの「炎」は大ヒットとなっている映画「鬼滅の刃」の主題歌となっていて、映画を見た人はもちろん、聞いたことあるという人が多いのかなと思います。

 

2019年にレコード大賞を受賞したFoorin「パプリカ」もYouTubeで話題になっていき、テレビでも聞くようになったということがあったので…2020年もYouTubeがカギになるのかなと。

 

この3曲以外は2019年と顔ぶれが変わっていないのですが、2020年は新型ウイルスの影響もあり新曲が少なかったりするので、予想は難しいのかなと思います。

 

YouTubeの再生回数が多いと影響力があるということでもあるので、初出演の3組のどれかにレコード大賞をとってもらえたら面白いことになりそうですね!

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました