森喜朗の後任は誰?橋本聖子が有力候補?女性の可能性が高い理由をチェック!

この記事は約5分で読めます。

 

オリンピック委員会の会長である森喜朗(もりよしろう)さんが辞任するということで話題になっていますね。

 

森喜朗さんが辞任したことにより、森喜朗さんが指名した川淵三郎さんが後任になると報道されていましたが、白紙になりましたよね。

 

このままでオリンピックができるのか?という疑問も生まれてきていますし、会長がいなければオリンピックの開催はできないと思われますよね。

 

なんとしてもオリンピック委員会会長を決めなければならない状況ですが、後任は誰?という疑問から女性の可能性が高いのでは?と言われています。

 

その中でも橋本聖子さんが有力候補と言われていますよね。さらに衆議院の豊田真由子さんの名前も上がっているんですよね。

 

森喜朗さんの後任は誰なのか?女性なのか?というのが気になるので…今回は!

 

森喜朗が辞任した理由を改めてチェック!

森喜朗の後任は誰?橋本聖子が有力候補と言われる理由を調査!

森喜朗の後任は豊田真由子もあり得る?女性の可能性が高い理由もチェック!

 

などなど、森喜朗さんの後任は誰なのか気になるので理由もチェックしていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

森喜朗がオリンピック委員会会長を辞任した理由を改めてチェック!

 

森喜朗さんといえば…オリンピック・パラリンピック組織委員会会長として知られていましたよね。

 

新型ウイルスの影響でオリンピックの開催が延期になったとはいえ、オリンピックの直前での辞任は国民が混乱する報道でしたよね。

 

もともと森喜朗さんがオリンピック組織委員会会長を辞任した理由をまとめてみると…

 

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」という発言をし、批判が集まったことで辞任することになったんですよね。

 

もともと森喜朗さんは「失言大魔王」と言われていて、女性軽蔑者として知られていました。

 

ですが現代では女性差別のような発言はかなりのバッシングを受けるので辞任することで責任をとった可能性が高いですよね。

 

森喜朗さんは「深く反省している」と謝罪していましたが残念な結果になってしまいましたね。オリンピックまであと少しなのに…というのは誰もが思ったことだとは思います。

 

森喜朗さんは現在まで様々な失言をしてきたようですが、オリンピック会長までになれたのは気配りと懐の大きさがあったからとも言われているので、今後はオリンピック会長ではなくなりますが、発言は控えつつサポートしてほしいですね!

 

 

 

スポンサードリンク

森喜朗の後任は誰?橋本聖子が有力候補と言われる理由を調査!

 

森喜朗さんがオリンピック組織委員会会長を辞任することになり、後任は川淵三郎さんと言われていましたが、これも白紙になってしまいましたね。

 

川淵三郎さんといえば…東京オリンピックの選手村の村長でもあり、Jリーグ初代チェアマンということもあり、後任を務めることができると思われた一人だったのですが、うまくいかなかったようですね。

 

川淵三郎さんがオリンピック会長にならないということは、誰が会長になるの?という疑問が生まれてきますけど…後任は橋本聖子さんではないか?と言われているんですよね!

 

橋本聖子さんは五輪担当大臣であり、オリンピック会長には適任ではないか?と言われていますね。

 

もしくは元オリンピック担当国務大臣の丸山珠代さんの可能性もあるのかなと。。

 

オリンピックに関係のある人物が会長になるのは間違いないですが、橋本聖子さんは現在のところ承知はしていないようですね。

 

橋本聖子さんが会長になってしまうと、五輪担当大臣も変わってしまうことになるので、役員がどんどん変わってくる可能性はありそうです。

 

 

スポンサードリンク

森喜朗の後任は豊田真由子もあり得る?女性の可能性が高い理由もチェック!

 

森喜朗さんの後任は誰?ということが一番気になる部分なのですが、橋本聖子さんの可能性が高いということはありそうですよね。

 

橋本聖子さんはオリンピック会長になることについて肯定も否定もしていませんが、会長を決めなければいけないので時間の問題かなと。。

 

橋本聖子さんや丸山珠代さんなどオリンピックに関係のある人物が候補としては上がっていますが…一部では元衆議院議員の豊田真由子さんとも言われていたりもしますね。

 

豊田真由子さんは現在は社会福祉法人の職員となっていますが、以前に話題になったこともあり、選ばれるのでは?言われていますね。

 

オリンピック会長の後任は女性が候補に上がることが多いのですが、森喜朗さんが女性に対する失言をしたことから、後任も女性の可能性が高いと言われていますね。

 

女性がオリンピック会長になったとしても、森喜朗さんが発言したように理事会に時間がかかりすぎないようにして、無事にオリンピックを開催させてほしいですね。

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました