野口啓代の筋肉画像がバキバキすぎ!細すぎるボディラインからカップ数も調査!

東京オリンピック選手
この記事は約6分で読めます。

東京オリンピックまであとわずかとなりましたね!日本からはどのような選手たちが出場するのか、気になる人も多いはずではないでしょうか?

 

今回は、注目急上昇中のスポーツクライミング選手の野口啓代さんについてみていきたいとおもいます。

 

最近はテレビ出演などもしていて注目度がかなり上がっていますよね!

 

野口啓代さんは今回の東京五輪をもって引退を示唆していますが、彼女には特有の持ち味があり、いま最も優勝に近い存在です!

 

他にも、強さの秘訣や、その美しい見た目とのギャップなど気になりますね!

 

野口啓代さんが気になるということで…今回は下の3つについて詳しく見ていきましょう!

 

野口啓代の現在までの経歴やwiki風プロフィールをチェック!

野口啓代は筋肉バキバキでヤバい!画像で筋肉量も徹底調査!

野口啓代のカップ数はいくつ?細身すぎる体からのギャップがヤバい!

 

 

スポンサードリンク



野口啓代の現在までの経歴やwiki風プロフィールをチェック!

野口啓代さんはスポーツクライミング界の第一人者と言われていますよね。なんといってもホールドをつかむ保持力に優れており、ゆっくりと安定した動作でボルダリングとリードが得意なようです!

 

そんな!野口啓代さんはどんな人なのか簡単にプロフィールをチェックしていきたいと思います!

 

名前:野口啓代(のぐちあきよ)

生年月日:1989年5月30日

身長体重:165㎝/49㎏

出身地:茨城県龍ヶ崎市

 

出場予定種目はスポーツクライミング女子複合となっています。

 

野口啓代さんの主な戦績は

ワールドカップボルダリング総合優勝4回

14,15年世界選手権ボランティア銅メダル

18年世界選手権ボルダリングド銅メダル

18年アジア大会複合金メダル

19年世界選手権複合2位

 

野口啓代さんの強さの理由として「環境」が関係しているようで、野口啓代さんのご実家は牧場を経営されていました。

 

お父さんである野口健司さんは家族でクライミングができるようにと、経営する牧場の牛舎の空きスペースにボルダリング壁を手作りしたのです。

 

その後、とあるインタビューでこの自宅の練習場は「すべての原点」と言っており、もしかしたらこの環境が強さの秘密かもしれません!

 

東京オリンピックではぜひメダルを獲ってほしいですね!

 

スポンサードリンク



野口啓代は筋肉バキバキでヤバい!画像で筋肉量も徹底調査!

野口啓代さんを見た第一印象は、「筋肉がすごい!」と思いました。バッキバキですよね!

 

そんな野口啓代さんは、コアを安定させれば、どんな体勢でもバランスが崩れないんだそうです!

 

重力に逆らい壁を登っていくスポーツクライミングにおいて、いかに安定したポジションから次の動作の入るかが、競技の生命線です。その動きの要となるのが、体幹なんですよね!

 

きちんと腹圧を入れて常に体の軸を安定させることで、どんな苦しい体勢でも思い通りに手足をコントロールすることができます。

 

野口啓代さんの代名詞ともいえるホールド力は腕力だけに頼らないコアへの意識が、重力を感じさせずに軽やかに登っていくのクライミングに繋がっていると考えられます!

 

野口啓代さんがもう一つ大事にしているのが、壁に張り付いているときの感覚です。毎日、壁を登っているとカラダが軽い、重いといった感覚が日々違ってくるようです。

 

カラダの状態によってパフォーマンスの波が出ないように、自分の体の変化を敏感に察知し、調整する能力も大切で、自分の最高の状態のイメージをしっかりとカラダに叩き込んでおくことも、コンディショニングのひとつと捉えています。

 

野口啓代さんはここ1~2年で本格的なフィジカルトレーニングを取り入れるようになったようです。

 

ウェイトを中心としたフィジカルトレーニングで、集中的にカラダの部位を刺激しこれまで意識できなかった筋肉の動きも敏感に察知できるようになったんだとか!

 

これは、ただ壁を登るだけでは身につかなかった感覚のようで、足からコア、そして腕へと力を連動させていくことで動きの一体感を体に叩き込んでいるようです。

 

これを無意識にできるようになれば、クライミングひとつひとつの動作に無駄がなくなり、よりしなやかでパワフルな動きに繋がるんですね!

 

確かに野口啓代さんの筋肉は画像で見るようにバキバキですもんね!ですがバキバキというだけでなくしなやかに動けるような柔らかい筋肉でもあるんですね!

 

スポーツクライミングでは身軽さも重要なので筋肉の状態を毎日チェックする野口啓代さんはやはりプロですよね!

 

 

スポンサードリンク



野口啓代のカップ数はいくつ?細身すぎる体からのギャップがヤバい!

野口啓代さんといえばそのアイドル並みの美しさでも話題になっていますね。

 

野口啓代さんのスポーツクライミングとまた違った一面も見てみたいですし、やはりユニフォームから覗くカップ数が気になっちゃいますよね!

 

そんな野口啓代さんのカップ数はいくつなのか、画像から調査してみました!

 

野口啓代さんはスポーツ選手ということで身長体重などは公表されていますが、スリーサイズなどはわからないんですよね。

 

野口啓代さんのカップ数がいくつなのか調査してみたところ…残念ながらカップ数は公表されていません。

 

しかし画像を見る限り…Cカップくらいではないかと言われています!筋トレはしていると思うのでバストアップ効果もありそうですね!

 

さらに野口啓代さんは大会ごとに着るユニフォームの色やデザインに合わせて髪を結うゴム、リボンのついた布製のシュシュなど30種類以上のを持っていて、競技会では何年も前から必ず赤色のマニュキュアを塗るなどおしゃれへの意識も高いんだとか!

 

彼女自身服装などへの執着はあまりないと言っていますが、爪やピアスのどはこだわりがありそうです。

 

爪の装飾には凝っていて「ゲン担ぎ、1番力が入る」と言っています!赤色を気に入っており、勝負カラーだそうですね。

 

今後も抜群のスタイルを生かしてオリンピックで頑張ってほしいです!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、スポーツクライミング選手野口啓代さんについて詳しく見ていきました。

 

強さの秘訣やオリンピックにかける思い、彼女の美しさとのギャップを知り私はクライミングをより知りたくなりました!

 

東京五輪までもう少しなので全力で応援したいと思います!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました