サレタガワのブルーのネタバレ!44話のレビュー!マンガMeeで無料で読める

マンガ
この記事は約3分で読めます。

マンガMeeで連載されているサレタガワのブルー44話のネタバレです。

いよいよ暢の反撃が始まります!

以下、ネタバレです

スポンサードリンク

サレタガワのブルー44話のネタバレ

離婚の相談をしている 弁護士事務所の吹田さんから

「お待たせしました、 内容証明の書類が整いました。 さあいよいよですよ、 戦いましょうね!早速奥様 に郵送したいのですが…」

と言われ離婚の話が本格的になってきましたが、実は藍子が行方不明になっていた。

電話は着信拒否、メッセージは未読スルーのままで、藍子の会社に連絡をしたら有給を使って1週間も休んでいました。

さかのぼること2週間前、不倫したことを責められた藍子は逆ギレをし家を出ていき、その間の暢はあの「不倫女め!どこへ行こうと知ったことか!」と高を括っていたが

実際問題、愛子の郵便物や代引きで化粧品が届いたり、クレジットカードの払込書も来て、動揺を隠せない暢。

住所変更などやるべきことはしてもらわないと落ち着かないので早めに決着をつけたいと考えていましたが

全く連絡が取れないのでだんだん焦ってくる暢。

結婚式の名簿から藍子の友人何名かに連絡をとったが空振り。

このままでは何も解決しないので最終手段で藍子の妹である萌子を訪ねる。萌子はスナックのママをしていて、愛子に似ていて可愛くスタイルがよく話も上手。

暢がお店に入るなり、「お姉ちゃんの居場所探りにきたんでしょ?」とカンが良く、話が早い。

「まぁかわいそうだから教えてあげるけどお姉ちゃんなら一昨日までうちのアパートにいたよ

私が男連れ込めないのに限界が来て追い出しちゃった」とすんなり教えてくれる萌子。

「あんなんでもたった一人の姉妹だからさーどうしても味方になってやんなきゃいけないのよ。

不倫相手と一緒になりたいなんて、一過性の熱病みたいなもんだからさ

私としてはお姉ちゃんの熱が冷めたら、どうにかお義兄さんのひろい心で許して、末永く仲良くやってほしいなーって」という思いやりの言葉を言う萌子。

だが暢は「もう限界だよ」と言って、覚悟は決まっている様子。

「そっか。どちらにせよ話し合わないとねー

お姉ちゃんは今実家にいると思うよ

お姉ちゃんは実はめっちゃ性格悪いから長期間泊めてくれる友達なんて居ないだろうし、ケチだからホテルに何泊もするとは思えない

あ、ちなみにだけど実家行くならアポなしで突撃訪問がいいと思うよ

事前に言ったらたぶん逃げるから」

とご丁寧に藍子の性格を見抜いての行動も教えてくれた。できる人だ。笑

そして暢は弁護士と一緒に藍子の実家に行くことに。

暢は藍子の両親がよくしてくれていたので、離婚と言ったら悲しませてしまうというところは胸が痛む様子。

あまり自身のない暢だが弁護士の吹田さんは

「大丈夫です。証拠も充分あります。あまり感情的にならず基本的な交渉は任せてください。絶対に負けません。悪は成敗します」と自身満々の様子。

いざ、藍子の実家のチャイムを鳴らしてみるとなんと留守。

いるはずなのにと少し待っていると1台の車がこっちにむかってくる。

そして藍子と両親が降りてきた。

なんと3人で夢の国に遊びに行ったらしい。

そこで暢が

「こんばんは。どうもご無沙汰してます。

楽しそうなところ突然押しかけて申し訳ないのてすが、藍子さんとは連絡がつかなかったもので

正式な話し合いをしに来ました

俺たちの離婚について!」

スポンサードリンク

 

藍子と両親の顔が真っ青になるというところで44話は終わりです。

サレタガワのブルー44話を読んだ感想

いやー暢は相当な覚悟を決めていますね!とても行動が早いです!はたしてすぐに離婚は成立するのかが気になりますね!

藍子は両親がいるので駄々こねたりして、両親を味方につけそうな気もします!

次が待ちきれませんね!

マンガMeeではアプリをダウンロードすれば無料で読むことができるのでぜひチェックしてみてください!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました