スマホ目が悪くなる理由は?回復させるための対策はあるの?見えづらくなってきた人に!

ライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

現代は2人に1人がスマホを持っています。

 

特に若者の普及率はさらに高いです。

 

SNSなどずっと見ている時間もありますし、とにかく暇さえあればスマホという人も多いですよね。

 

でも文字が小さいですし、スマホの光で目がかなり疲れますよね。

 

その目の疲れから目が悪くなった?と感じることも…

 

スマホは見てしまうけど、目は悪くなりたくないですよね。

 

でもスマホで目が悪くなる理由や、回復する方法を知っていれば、もっと使いやすく便利なものになりますよね。

 

今回はスマホで目が悪くなる理由や回復方法、対策についてまとめていきますよ。

 

スポンサードリンク

スマホ目が悪くなる理由は?

パソコンやスマホを使う事が目が悪くなるということはありません。

 

目が悪くなる要因は様々でその中でも大きな要因となるのは長時間同じ距離のものを見続けることです。

人間はもともと遠くを見るほうが得意と言われています。

 

なので近い距離でスマホをずっと見ていると目が悪くなるんです。

 

また暗い場所でスマホを見ると目が悪くなると言う噂もありますが、基本的には暗さよりスマホとの距離の方が目が悪くなる原因になります。

 

また横向きなどでスマホを見たりしていると左右の目で見ている距離が違ってくるので、それも目が悪くなる原因になります。

 

左右で見ているものの距離が違うと、調節機能を使うのでそのぶん目が疲れてしまい視力の低下につながります。

 

姿勢の悪さなども目が悪くなる原因とされていますね。

 

スポンサードリンク

スマホ目が悪くなるのを回復させる対策は?

眼精疲労など一時的に見にくくなった状態をなんとか良くさせたい場合はいくつか方法があります。

 

症状が軽いとの場合は

ホットタオルで温める

目の周りのツボ押しをする

することで視力が回復することがあります。

 

また目を上下左右に動かしてピント調節している筋肉を動かすトレーニングをすることで調節機能を取り戻すことができます。

 

さらに視力回復されるスマホアプリも登場していますよ。

 

本もありますね!

https://a.r10.to/hIBK6c

 

https://a.r10.to/hbVANW

 

またピンホールメガネを使う方法もあります。

 

ピンホールメガネはサングラスのような形状のメガネで、レンズの部分に細かい穴がたくさん空いているものです。

 

この小さな穴から景色を見ることではっきりと見えるようになります。

 

https://a.r10.to/hMoQlV

ピンホールメガネを使用するメリットとしては、自然にピント調整ができるため、目に負担がかかりにくいという点があります。

 

がんばって見ようとする余分な力が働かないので、視力回復が期待できます。

 

長時間近い距離を見続けることが目が悪くなる一番の原因になってしまうので、1時間に1分でいいので軽く目を閉じて休むのがいいですね。

 

また目を休ませる時になるべく遠くを見るとより効果的です。

 

さらにブルーライトカットするスマホに貼るシールやメガネを使うのも、効果はかなり期待できますよ。

 

まとめ

以上、スマホで目が悪くなる理由や回復の対策についてまとめてみました。

 

スマホを使うことによっていつの間にか目が疲れてそれが視力低下につながる事はよくあります。

 

目が悪くなるとかなり不便ではあるので、ある程度時間を決めて休むことが大切ですね。

 

さらにスマホの画面が発するブルーライトは睡眠ホルモンであるメラトニン分泌のバランスを崩してしまいます。

 

睡眠の質が悪くなるので理想としては2時間前からスマホを触らないのが1番ですが、それはなかなかできませんよね。

 

 

なので寝る2時間前ぐらいからだんだんスマホの画面を暗くしていて眠りを入りやすくするのもいいですね。

 

 

寝る直前までスマホを触っているとそれこそ目が疲れてなかなか寝れないので視力が回復する事は無くなってしまいます。

 

スマホはとても便利なものですが使いすぎると体に害があるのは間違いないです。

 

これからも長く使うものではあるのでスマホとうまく向き合っていきましょう。

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました