ゴルフボールダイバーになるには?資格は必要?給料が高くて年収がすごい!短時間で稼げる!

カテゴリー
この記事は約4分で読めます。
スポンサードリンク

あなたはゴルフボールダイバーという職業を知っていますか?

 

簡単に説明するとゴルフ場の池に落ちてしまったゴルフボールを拾う仕事なのですが

 

なんと短時間の勤務でいいのに給料が高いんだそう。

 

どんな仕事内容なのかも気になりますよね〜

 

今回はゴルフボールダイバーにどうしたらなれるのか、また資格も必要なのかどうかまとめてみました。

 

スポンサードリンク

ゴルフボールダイバーになるには?資格は必要?

ゴルフボールダイバーになるには作業潜水士資格(国家資格)が必要です。

 

学歴などは関係なく取れる資格ですが、3年くらい海に潜る経験を積むことがおすすめです。

 

また会社によっては不測の事態にも対応できるようにするためレスキューダイバーライセンスも取得しなければなりません。

 

日本ではゴルフボールダイバーはあまり聞き慣れませんがアメリカやタイ、インドネシアなどでは比較的メジャーの仕事なので資格を問われないこともあります。

 

ですが潜水士は結局、筆記試験だけで取れる資格ではあるのでダイビングをやったことがあるという人のほうが安全に仕事はできそうですね。

 

海や川でよく泳いでた!という人は向いているかも?

 

 

ゴルフボールダイバーの給料が高い!年収は?

ゴルフボールダイバーの年収は平均300万〜1000万です。

 

仕事する時間は1日2時間ほどで、それを週3で年収500万ほどになります。

 

ということは月収は約42万円で

 

時給計算すると17500円になります。

 

働き方によっても変わってきますが、かなり稼げますね!

 

ゴルフボールダイバーはなぜこんなに給料がいいのか?

ゴルフボールはプレイヤーに所有権がありますが、池に落ちてしまったボールは拾わなければゴルフ場のものになります。

 

これをロストボールといいます。

 

そこにゴルフボールダイバーがゴルフ場から許可を得てボールを拾います。

 

そして拾ったロストボールは中古品としてネットで販売することで利益が出るのです。

 

ロストボールは1つ20円〜400円と状態によって値段は様々。

 

平均すると1つ100円くらいですが

 

1つの池で6000〜10000個ほど取れるので、

 

うまくいけば2時間の作業で100万円になってしまうというわけです。

 

めっちゃ儲かっていますね!そりゃ給料もいいはずです。

 

ロストボールは綺麗に洗浄されて等級をつけられ、

試合に使われる

ホームセンターで販売される

ゴルフの練習場で使われる

 

など再利用されます。

 

ここまで聞いて、

「2時間なのにすごい給料がいいじゃん!やってみよう!」と思ったあなた。

 

実はそんな簡単なものではないんです。

 

その理由が

・水深が深いところがあり危険。

・真っ暗な池を手探りでロストボールを見つけなければいけない。

・何回も潜るので体力が必要。冬だと池が凍っていることも。

・ヘビなど危険生物がいる可能性も。

などなどかなりリスクのある仕事でもあるんです。

 

給料いい仕事はやはりハードな部分もありますね。

 

ゴルフボールダイバーのまとめ

以上ゴルフボールダイバーになるための資格や年収についてまとめてみました。

 

マイナーな仕事ですが、ゴルフボールダイバーがいるからゴルフ場は綺麗に保たれてるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました