【出産レポ】初産ママの陣痛から分娩台まで赤裸々告白①ソフロロジー分娩でした

ベビー
この記事は約4分で読めます。

2019年7月に女の子ベビーを出産しました!

初産だったのでもちろん不安はありましたが、まぁなんとかなるだろう精神で無事に終わったわけですが、それぞれ個人差があるのは間違いないので、私の出産レポを赤裸々告白していきたいと思います。

スポンサードリンク

私のサイズ、出産までやっていたこと

まず私の最終的なサイズは

・身長154センチ

・体重57.5キロ(妊娠前47キロ)

・腹囲91センチ

特に注意を受けることもなかったです

 

私の場合は予定日を4日過ぎての出産だったのですが、その日に陣痛が来なければ入院するところでした!

 

超健康体なので、入院するのがイヤすぎて家でめちゃくちゃ落ち込んでいました…

 

いや、バルーンとか陣痛促進剤とか聞いたことはあったんですが、入院のことが書いてある紙に浣腸って書かれてあって…

 

え、、それは避けたいと思ったのが本音です笑

 

なんとか自然に産みたかったので、毎日お散歩を頑張っていました!

万歩計でいつも20000歩くらい歩いていましたよ!

 

あと焼肉食べたりとか(^^)

最後の2週間くらいは好きなもの食べまくってましたね!

スポンサードリンク

いよいよ陣痛開始!

陣痛は夜中の1時くらいから始まりました。

寝るまではちょっとお腹が痛いけど、規則的な痛みは来なかったので気にしていなかったのですが、

布団に入ってからは痛みが気になってまったく寝れないんです!!

 

とりあえず試しに30分くらい布団で耐えていると、5分間隔で痛みが来ていました。痛みがあるといっても10秒くらい「ぎゅ〜〜」っていうのがくる感じです。

 

ものすごくトイレも近いので病院に連絡し、すぐ入院になりました。

 

その時点で夜中の2時で子宮口は4センチ開いてるとのこと。

 

点滴をつけたり、着替えたりしながら陣痛耐える。

陣痛室の過ごし方

陣痛室に移動してからは結構なスピードで陣痛が進んでいたようで、水も食べ物も全く受け付けませんでした。用意して持って行ったのに…!

 

産院がソフロロジー分娩法で出産を推していたので、とにかく息を吸って、深く吐くを繰り返していました。

でも結構耐えられなくなってくるんですよね。笑

 

私の場合はお腹が痛くなるのではなく、おしりのほうがめちゃめちゃ痛くなりました!

それに耐えるのがまぁしんどくて

早く終わらないかなーってずっと考えてました。

 

頭の中は冷静でもどんどん間隔が短くなってくる陣痛。

気づけばめっちゃ叫んでたり、ベッドをガンガン蹴っていました。

もはやおしり痛すぎて泣いていましたよ。笑

助産師さんはナースコールしないと来てくれなかったので、もう本当にどうしていいか分からなかったですね。

だんだん疲れてきて、陣痛の合間は寝てしまっていました。

後から聞いた話ですが、眠いのと吐き気があるとお産が進むみたいです!

スポンサードリンク

いよいよ終盤!分娩台に!

陣痛が2.3分おきに来ているときが一番しんどかったです。

その時点で分娩台に上がることに。

 

内診してもらうと子宮口全開になっていたので、いよいよお産の体制に!!

 

なぜかおしりの痛みは解放され笑

今度は○便を出すかんじで!と言われました笑

まじか〜〜と思いつつも、ゴールが見えつつあったので、最後の力を振り絞る!!

 

でもあんまりやり方が分からず、助産師さんもいなくなるので、1人になり不安になる私。

 

「すいませーん!」とか訳の分からないことばかり叫んでいましたね。

相当1人がイヤだったのでしょう。

いやでも初めてのお産って本当に不安になりますよ!

できれば旦那さんとか誰かに立ち会ってもらって、ひたすら応援してもらうのをオススメします!

 

私は最初は立ち合いしない予定だったのですが、さみしすぎて分娩室に入ってもらいました。

 

レポ②に続きます〜↓

【出産レポ】初産ママの陣痛から分娩台まで赤裸々告白②ソフロロジー分娩でした
【出産レポ】初産ママの陣痛から分娩台まで赤裸々告白①ソフロロジー分娩でした の続きです! いよいよ出産! 旦那が来てからバタバタとする分娩室。 私は引き続き○便を出す感じで ↑これがいきむというやつらしいです。 ...
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました